ヘルペスの特効薬

性病の1つでもあるヘルペスは、感染力も高く、対策をしなければ他人に迷惑をかけてしまうこともあります。
今回は性器ヘルペスを中心に対策と治療方法について説明していきます。
ウィルス性の性感染症であり、細菌よりも小さいウィルスなので、患部に肌が接触しただけでも感染してしまうこともあります。
これだけでもウィルスが非常に厄介であることはわかると思いますが、さらにウィルスの繁殖力が強いので、発見が遅れたりしてしまうと悪化することもあり、治療に時間がかかってしまいます。
自覚症状が出る場合は高熱がでたり、体調不良を起こしたりしますが、自覚症状がでず気づいたら感染していて、症状がひどくなっているなんてこともあります。
症状は赤い無数の発疹が性器にでき、やがて大きな水ぶくれのようになり、破れます。
痛みや痒みもともなうので、治療するまでは辛い思いをしなければなりません。
症状がでた場合のセックスなどの性行為は必ずしないでください。
相手に高い確率で感染させてしまいます。
またパートナーのどちらか一方が感染した場合、もしかするともう一方も感染している可能性があるので、きちんと情報を共有して、一緒に病院で診察してもらいましょう。
人によっては、すぐに再発してしまうので、薬を常備しておくことも対策の1つになります。
そこで治療に効果的な薬がバルトレックスというお薬となります。
バルトレックスとは、効ウィルス薬となっていて、あらゆる症状に対処できるお薬です。
塩酸バラシクロビルという成分が含まれていて、体内に入るとウィルスを攻撃してくれ、ウィルスの増殖を防ぐ働きをしてくれます。
発症後、5日以内に服用すれば、ウィルスの増殖を最低限に抑える事ができる強い作用があるお薬となっています。
もともと治療には服用回数の多い、ゾビラックスというお薬が有効とされてきましたが、最近ではゾビラックスではなく、このお薬が処方されるようになってきています。
作用が強いからといって、なにか重篤な副作用がある訳ではないので、安心して服用できますし、再発した時に常備しておくのにも良いお薬で、ヘルペス治療にはゾビラックスとバルトレックスが有効と言えます。
この病気は早期発見が重要なので、少しでも変化を感じたら服用してみてください。